祈り

シリーズ第1回 
『祈りの理論とサンスクリット語の祈りのことば』

祈りって何?
祈ることで、何がどう変わるの?
正しい祈り方の方法や種類は?

といった、誰でも持つのに、今まで誰もはっきりさせなかったことを、
現代人に向けて、すっと腑に落ちる、論理的な説明をします。

後半では、よく使われる祈りのシュローカを、
学び易いように、そして教え易いように、詳しくまとめました。



・ 音声つきのKindle(電子書籍版)
・ 毎日手元に置いて使える紙印刷版




これから予定しているタイトル

サンスクリットの祈りシリーズ

・ ガネーシャ(サンカタ・ナーシャナ・ガネーシャ・ストートラム、ガネーシャ・ストートラム)

・ デーヴィー(マハーラクシュミー・アシュタカム、シャーラダー(サラッスヴァティー)・ストートラム、等

・ ヴィシュヌ・サハッスラナーマ・ストートラム

・ シヴァ(シャタナーマ、リンガーシュタカム等)

・ ダクシナームールティ

・ バガヴァッド・ギーターから、サットヴァのシュローカ(16~18章から抜粋)

・ バガヴァッド・ギーターから、Valueのシュローカ(13章から抜粋)