2016年10月11日火曜日

新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 を発刊しました

http://amzn.to/2dG8big


本日10月11日のヴィジャヤ・ダシャミーという吉日に、
新刊『サンスクリットの祈りの詩節集』 のKindle版を発刊し、
紙の書籍版『サンスクリットの祈りの詩節集』(白黒・カラー)の入稿を済ませました。
音源はこちらからダウンロードできます。

Kindle版には、音源あり音源無しの両方がありますが、
どちらを選ぶべきかは、前回の記事を参考にしてください。


6 件のコメント:

  1. Michika先生、こんにちは。この本で勉強させていただいています。すばらしい本をありがとうございます。Mahalakshmiastakamを学習中なのですが、dhanadhanyasamanvitahの部分ですが、先生の音声をお聞きしますと、最後の発音が「ヴィタム」と「ム」をはっきり発音されているように聞こえるのですが、「ヴィター」という発音にはならないのでしょうか。初学者でよくわからないため、どうか教えてください。

    返信削除
    返信
    1. ナマステ、
      メッセージありがとうございます。
      しっかり聞いていただいているのですね。嬉しいです。
      そうです。महालक्ष्मी-अष्टकम् の最後の方のफलश्रुतिः(このシュローカを唱えることによるご利益を伝える部分)ですね。
      そこは、間違いです。唱える人が、富を得るので、「サマンヴィタハ」と、男性形の終わりにならなければならないところを、前後の「ム」と合せて、読んでしまいました。
      間違えたのは覚えていて、訂正したつもりだったのですが、されてなかったのですね。。。良く気付いてくれましたね。
      訂正版を作ってUPしますが、MacProを持っているこちらのアシュラムの生徒さんの協力が必要なので、少しお時間をください。。

      削除
  2. Michika先生、よくわかりました。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

    返信削除
  3. Michika先生、度々すみません。サンカタナーシャナガネーシャストートラムで質問です。テキストに、ガネーシャ神の名前の4つ目と12個目の二つ共、象の顔を持つ姿とありますが、両方とも同じ意味になるのですか?

    返信削除
  4. ナマステ、
    メッセージありがとうございます。
    आनन も वक्त्र も意味は同じです。
    意味は同じでも、名前は別々で、12の名前を構成している、と理解するのが良いでしょう。

    返信削除
    返信
    1. Michika先生、わかりました。ありがとうございます!

      削除

このフォームのメッセージは、ウェブで公開表示されません。
(公開表示をご希望される方は、その旨をお伝え下さい。)

音声ファイルのリクエスト、ご意見・ご感想などをお聞かせ下さい。